かかと水虫を見逃すな!

かかとがひび割れたり、ガサガサしていたら、乾燥が原因だと思うのは早計です。
実は、水虫が原因でかかとがガサガサすることもあります。

 

あなたのご家族に、水虫の人はいませんか?
感染経路としては、家族の中で水虫になっている人から感染してしまった可能性もあるわけですね。

 

他にも、通気性の悪い靴を履いていることが原因だったりすることもあります。
靴の中というのは蒸れやすくなっているので、細菌が繁殖しやすい環境になっているからです。

 

もう一つ忘れてならないのは、脱衣所にある足マットです。
実は、足マットは濡れている状態のまま、ずっと放置されていると、水虫の原因となる白癬菌がどんどん繁殖してしまうのです。

 

このように、水虫ができる原因は私たちの気づかないところにあるわけです。

 

ですので、かかと水虫を予防するのは、足マットや履いた靴を通気性の良いところに干すことが重要になってきます。
そして、小まめに足を洗い、足の指や間にも丁寧に洗い、乾燥をさせてから素足で過ごす時間を増やしましょう。

 

保湿することも忘れずに心がけておきましょうね。

 

かかと水虫の予防というのは、誰でも日ごろから気をつけることができるものが多いですよね?
きちんと清潔にしておけば、かかと水虫を防げるものが多いので意識しておきましょう。

かかと水虫を防ぐには?

かかとがガサガサしたり、ひび割れてしまうのは、かかとの乾燥だけではなく、実は、水虫である場合も考えられます。
特に、家族の中で水虫を患っている人がいる場合は、その可能性が高いと言えるでしょう。

 

また、この水虫をかかとに患うと乾燥しがちな秋から冬にかけて症状が悪化しがちですので、出来るだけ早い段階で皮膚科の治療を受け抗真菌薬を処方してもらうことをオススメ致します。
水虫は男性より女性、年配の方より比較的若い方に多いと言われています。
その原因として考えられるのは、通気性のないパンプスや冬場に履くブーツが一番に考えられます。

 

ブーツの中は蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい白癬菌の好む環境にありますので、水虫を予防するにはまず、靴と脚を清潔に保つことが第一です。

 

靴はしっかりと乾燥させ、毎日同じ靴を履き続けるのは出来るだけ避けましょう。

 

出来ることであれば、小まめに足を洗い指の間もしっかり乾燥させてから、靴を履き素足で過ごす時間を多く持つことです。

 

また、家族内で既に水虫を患っている人がいる場合、白癬菌をなるべく落とさないよう心がけ出来るだけ早いうちに治療を行ってもらって下さい。

 

白癬菌は皮膚から離れても長時間生息可能なことから、風呂場の脱衣所などに置いてある足マットなどは濡れた状態で白癬菌の生息しやすい環境ですので、毎日清潔なものに取り替えてください。

 

同様に、スリッパも蒸れやすく素足で履く機会が多いので足マット同様、小まめに洗濯を行い太陽に当てるなどして、きちんと乾燥させて下さいね。

スポンサーリンク