かかとの角質が厚いとひび割れに?

足のかかとの部分が良くひび割れになってしまう人は、通常よりもかかと角質が厚いので乾燥しやすいのが原因なのかもしれません。
かかとの角質が厚いと、うるおい成分なども皮膚の奥まで浸透しないから乾燥になりやすいのです。

 

また、女性でも水虫になってしまっている人が数多くいるでしょう。
かかとのひび割れを起こさないためにも、そして、水虫にならないためにも、毎日しっかりと保湿をしないとなりません。

 

スポンサーリンク

 

かかとの角質が厚い分、入浴後の20分以内には保湿クリームを塗り、チタンで加工された靴下などを履いてみてください。

 

かかとにも保湿クリームが浸透し、かかとの乾燥を防いでくれるでしょう。
かかとの角質が厚いとなると何もケアをしないままでいたら、すぐにひび割れを起こしてしまいますし、少しつねっても全く痛みを感じないほど硬くなってしまいます。

 

試しに、かかと部分を指でつねってみてください。

痛いですか?
皮膚が硬くないですか?

 

どちらもあるようなら、角質が厚いと考えられます。
それが悪化していくと歩くだけで痛みを生じてしまったりしますから、そうならないように普段からケアをしていくべきだと思います。

 

今は、かかと専用のケア用品や靴下がたくさん市販されているおかげで、昔に比べてケアが面倒くさくないはずです。
ひび割れやあかぎれのかかとは見た目もキレイではありませんから、普段からケア用品を上手に使いましょう。

 

そうすれば、ツルツルでキレイなかかとのままでいられるはずですから、根気よく続けましょうね。

 

スポンサーリンク