かかとひび割れ用の薬はある?

乾燥などが原因で、角質化しガサガサになってしまったかかとがさらに悪化して、ひび割れてしまったという方も多いのではないでしょうか?
ひび割れてしまったかかとは、歩くたびに痛みを伴い、さらに放置すると出血を伴ってしまう場合すらあります。

 

かかと,ひび割れ,ガサガサ,ケア,角質,原因,クリーム

 

そうなる前に、何かひび割れに効く薬を塗って少しでも痛みを軽減したいものでよね?

 

スポンサーリンク

 

そこで、実際にひび割れて痛みを伴う足のかかとに、緊急時の対応として、ひび割れた患部に直接塗布し接着剤の役割を果たしてくれる水絆創膏があります。

 

これは塗布した際、しみて痛みを感じる場合もありますので、出血して痛みがひどく歩行困難な時などの緊急時の応急処置として考えて下さい。

 

軽度のひび割れの際には、硬く分厚くなってしまった皮膚を再生させる角化症治療剤を使用することをオススメします。

 

他にも、尿素が配合されたクリームや出来てしまった皮膚を修復し細胞を活発化させる働きを持つ足のかかとのひび専用クリームなども販売されていますので、市販薬で出来てしまったひび割れの対策を行うのも一つの方法です。

 

また、直接皮膚科で受診を行い、皮膚を少し採取し水虫であるかを確認してもらうといいでしょう。
もしも水虫であった場合は、抗真菌外用薬や内服薬を処方してくれますので、真菌を死滅させ角質化した皮膚を柔らかくするクリーム等を処方してもらって下さいね。

 

また、水虫でなかった場合でも、皮膚科で角質化し硬く分厚くなり、ひび割れた皮膚を柔らかくする治療薬を処方してくれますので、それらを塗布しケアを行うといいでしょう。

 

スポンサーリンク