軽石よりもかかと専用やすりで角質除去を

老化や乾燥などによって角質化し硬くガサガサしてしまったかかとのお手入れに、手軽な軽石を使用する方も多いのではないでしょうか?

 

軽石はキメが粗く力を入れすぎたり擦りすぎてしまうと、大切な肌を痛め過ぎてしまうこともあります。
実際に、かかとを擦りすぎて、逆に、歩く時に痛むといったことを聞いたことがある方も多いと思います。

 

では、一体どうやって角質化した硬く分厚いかかとをキレイにするのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

市販のかかと専用やすりを使おう!

ドラックストアーやスーパーなどでは夏場でなくても、最近はフットケアグッズが沢山販売出れていますので見かけたことがある方も多いと思います。なかでもチェックしておくべきなのは、かかと専用のヤスリなんですね。

 

>>オススメのかかと専用ヤスリは→こちら

 

このヤスリは軽石に比べキメが細かく、かかとに少しかけることで角質化した古い皮膚を除去することが出来ます。

 

また軽石よりもキメが細かいので削りすぎるといった心配も、あまりにも長時間ヤスリをかけなければそう心配をする必要もありません。

 

最近では、色んな種類のヤスリが出回っており、少しキメの粗いものとキメの細かいものとが1本になっている物もありますので、そういったものを購入すると良いでしょう。

 

まず、始めにかかとをぬるま湯などに浸けて皮膚を柔らかくしたあと、かかとの角質化した部分にキメの細かいヤスリをかけて大まかな角質を除去した後、キメの細かいもので荒削りした部分を滑らかにします。

 

これだけでも、随分かかとがキレイになったと実感できることと思います。

 

最後の仕上げに、保湿成分のあるローションやクリームを塗布し、ワセリンでバリアを作った後、かかとにラップを貼り付け綿や絹の靴下を着用します。

 

就寝時などに行うと、翌朝しっとりとすべすべしたかかとが見れるでしょう。