かかとを柔らかくすることがひび割れ予防に。

かかと,ひび割れ,ガサガサ,ケア,角質,原因,クリーム

かかとは体重を支えたり硬い靴などの着用で、さまざまな強い衝撃に耐え皮膚を保護するために角質化します。
しかし、いつしか皮膚科が硬くなってきます。

 

スポンサーリンク

 

何もせずに放置しておくと、角質化が進んで乾燥し、重症化すればひび割れて出血を伴うこともあります。
そうなってしまう前に、かかとを柔らかくすることがひび割れの予防に繋がってきますし、しっとりとしたツルツルのかかとを保てます。

 

万が一、水虫を患っていた場合、白癬菌を死滅させることが先決ですので皮膚科を受診し、抗真菌薬を処方してもらい治療を行って下さい。

 

かかとを柔らかくすること、すなわち、かかとに十分な水分を与えてやることが重要ですので、ケアを行う際は入浴時などが手軽に行えるかと思います。

 

湯船に浸かったりバケツに湯を張り足を浸け、皮膚にある古くなった角質を取り除きやすくしてから、かかと専用のヤスリをかけることでゴシゴシと力を入れなくても簡単に角質は取り除くことができます。

 

荒削りを行った後、キメの細かいヤスリで荒削りした部分を滑らかにし、保湿成分の高いクリームをかかとに塗布しラップを貼り付け靴下を着用します。

 

一晩、靴下を着用しなくても角質化した皮膚は柔らかくなっていますので、このケアを定期的に行う事でかかとが柔らかくなり水分の保たれたしっとりしたかかとへと変わっていきます。

 

かかとは乾燥させてしまうことで、角質化し固く分厚くなってしまいますので、秋から冬の乾燥しやすい時期には小まめに保湿成分クリームだけでも塗布して先ずは乾燥を防いで下さい。

スポンサーリンク